1a-5ijigen-0s.jpg


【今日のバシャール関連動画】
「3次元密度の特有」


コインには裏と表があるように、
全てのトピックには裏と表が存在しています。

違う言い方をすると、ポジティブとネガティブが存在しています。
もっと違う言い方をすると、
欲しいものがある状態と欲しいものが無い状態です。

 

ですから、どの次元にいても
2極のエネルギーは必ず存在する事になります。

しかし、二つの異なるエネルギーが分離して
存在するのは3次元密度だけです。

つまり、コントラストとして存在するのは
3次元だけになります。
4次元密度以上になると、
裏と表が統合された”コインそのもの”として
体験する事になります。

つまり、ポジティブとネガティブを
”一つ”として捉える世界を体験する事になります。

ですから、コインの裏と表のどちらかを
体験する3次元密度の世界と違って、
4次元密度以上の世界では
”コイン”そのものの全体を体験する事になります。

 

4次元密度以上の世界では、
物事を『ワンネス』として体験する世界になりますから、
3次元密度の世界のような
コントラストで揺れ動く世界ではありません。

そういった意味で言っても、
4次元密度以上の世界はコントラストがありながらも、
コントラストをあまり感じない世界でもあります。

 


【転載元】 the PLANET from NEBULA

1a-9a
<宇宙人倶楽部facebookグループはこちら>https://www.facebook.com/groups/398261724332417/












【風の時代:覚醒を加速させる量子波動調整器】

he-0
 ⇒これからの量子波動調整器
























---------------------------------------------------------------------------------------